ランナー膝の方に朗報!

スポーツを愛するすべての方を全力でサポートする はーと整体院(岡山)です!

ブログへの訪問ありがとうございます!

今回はスポーツ障害のひとつ『ランナー膝(ひざ)』 の話です。

ランニングしている方に多く出る痛みランナー膝。

ランナー膝は「腸脛靭帯炎」ともいいますが、図のように太ももの外側や膝の外側が痛くなります。

走り出すと痛みが強くなるので長い距離が走れなくなります。

走っている人(ランニング)に必ずしも起きるわけではないですが、自分の体の使い方や状態、疲労の蓄積、無茶な走りなど様々な要因が関わっていると思われます。

痛いと走りたくても、走りたい距離、時間が走れないので、走りたい人にとってこんなツラいことはありません。

先日フルマラソンに出場する男性が大会1週間前に来られました。

数か月前から走ると痛み出したようで、来られた時には7、8キロも走れないという状況です。

しかも膝もまともに伸びなくなっているという事。

1週間前という状況でどこまで走れるようになるか分からないが、出場されるということなのでその旨を説明し施術させてもらいました。そしてセルフケアもお伝えしました。

フルマラソン2日前にも2回目の施術をし当日を迎えました。

結果は20キロすぎても痛みはなかったようですが、30キロ過ぎたあたりから徐々に痛みが出てきたが、完走できたようです。

クライアント様は1週間前に来られる前は「完走できないかな?」と思っていたようですが、「思いのほか痛みが少なく完走できて良かった!」と言われました。

このようにスポーツ障害である、ランナー膝(腸脛靭帯炎)、ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)、シンスプリントをはじめ、オスグッド、シーバー、有痛性外脛骨、ねんざ、肉ばなれなど、「試合に間に合わす!」をモットーにクライアント様と二人三脚で早期回復を目指していきます!

はーと整体院はアスリート、スポーツを楽しみたいあなたを応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございます 

はーと整骨院

スポーツキッズ、アスリート、スポーツを愛するすべての人々を全力でサポートします。 ①岡山のオスグッドで悩むお子様の革命を起こします ②成長痛・シンスプリント・慢性の捻挫痛・肉離れの後遺症などの早期解決する方法を知っています ③その場で身体能力を向上する方法を知っています

0コメント

  • 1000 / 1000